パッと見たときの「若さ」の印象は、お肌と髪の毛で決まる

パッと見たときの「若さ」の印象は、お肌と髪の毛で決まる

実年齢よりも若く見える人と老けて見える人はどこが違うのでしょうか。

 

パッと見たときの「若さ」の印象は、お肌と髪の毛で決まる部分が大きいです。シワやシミが少ないお肌の人、サラサラつやつやの髪の人はかなり若く見えます。
若々しい印象を保つには、お肌と髪の毛を大切にするのが近道です。

 

では、お肌や髪の毛を老化させてしまう原因はなんでしょうか。遺伝や食生活など内部的な要因もありますが、外部要因でかなり大きな影響を持っているのが紫外線です。
紫外線がお肌や髪の毛を老化させる力は強く、紫外線に当たれば当たるほどダメージが蓄積されていきます。

 

紫外線の影響を示す一枚の写真を見たことがあります。写真に写った男性は顔の左右で年齢の印象が全く違います。半分は年相応の印象なのに、もう半分は実年齢よりもずっと老けて見えます。実はこの男性は長距離トラックの運転手で、いつも顔の半分にだけ日光を受けていたのだそうです。アメリカでの話なので、まっすぐに走る道をいつも通っていたんでしょうね。いつも同じ側から日の光を浴びるので、そちら半分だけ老化が早く進んでしまったそうです。
太陽の影響力の強烈さを示すエピソードです。

 

というわけで、お肌や髪の毛を若々しく保つためにまずすべきなのは紫外線対策です!

 

ここで要注意なのは、顔以外の紫外線対策です。顔についてはほとんどの方が気をつけて日焼け止めを塗り化粧をしていることでしょう。しかし、顔以外の場所は忘れられがちです。特に気をつけたいのが手です。手は水仕事をしたり、自転車や車の運転で直射日光にさらされたりと、体の中でもかなりハードな環境に置かれています。そのため手の肌は老けやすく年齢が出やすい場所です。しかも手は人目につきやすい場所でもあります。

 

手を老化から守るために今日からできることはたくさんあります。顔だけじゃなく手にも日焼け止めを塗り、運転をする際は手袋をしましょう。寝る前にハンドクリームなどでお手入れするのも大事です。
また、髪の毛の紫外線対策も忘れてはなりません。帽子をかぶったり、髪の毛にも使える日焼け止めを使うといった方法で、髪の毛を紫外線から守ることができます。

 

いつまでも若々しい印象を保つために今日からできる紫外線対策。地道な積み重ねが数年後のお肌と髪の毛のコンディションを左右します。